山王廃寺跡(読み)さんのうはいじあと

国指定史跡ガイドの解説

さんのうはいじあと【山王廃寺跡】


群馬県前橋市総社町にある寺院跡。総社町総社の山王の地にあり、1921年(大正10)に塔の中心礎石が確認されて以来、石製鴟尾(しび)、根巻石、緑釉(りょくゆう)水差・碗・皿および銅鴟、塑造女人像頭部などが発見され、全国的にみても特色ある古代寺院跡とされ、1928年(昭和3)に国の史跡に指定、2008年(平成20)に追加指定があった。1974年(昭和49)に始まった発掘調査では、塔の基壇から西方約12m隔てて金堂跡が、塔跡から北方ほぼ1町(109m)の位置には僧房とみられる建物遺構が見つかるなど、伽藍(がらん)配置や寺域を推定できる遺跡も確認された。寺の存続については、出土瓦から7世紀の後半から11世紀ごろまでであることが判明し、「放光寺」などの篦(へら)書きの瓦の発見によって、寺は本来「放光寺」と呼称されていたものとみられ、「山上碑」の銘文中にみられる放光寺、あるいは『上野国交替実録帳』の定額寺の項にみえる放光寺との関連が考えられている。JR両毛線前橋駅から群馬バス「蚕業試験場前」下車、徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android