コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑釉 リョクユウ

デジタル大辞泉の解説

りょく‐ゆう〔‐イウ〕【緑×釉】

陶磁器の釉(うわぐすり)の一。鉛釉(えんゆう)の一種で発色剤の銅の酸化により、鮮やかな緑色を呈する。西洋・東洋で紀元前後から使用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

緑釉【りょくゆう】

酸化銅を呈色剤とする緑色の(うわぐすり)。鉛を溶媒剤とする場合は,800〜900℃の低火度焼成でこの発色を得る。西方では前2世紀頃から,ローマ領域で流行。中国では戦国時代に始まり,漢代の墳墓副葬品にある緑釉陶が数多く知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょくゆう【緑釉】

陶磁器や瓦塼(がせん)など窯業製品の表面にかける釉(うわぐすり)の一種。一般に釉はガラスと同じケイ酸塩化合物であるが,ケイ酸と酸化鉛を主成分としたもの,700~800℃ほどの低い温度で溶け,艶のある滑らかな鉛釉となる。この鉛釉に呈色剤として微量の銅が加えられていると,緑色に発色して緑釉となり,銅の量によって濃淡を生じる。また,この緑釉をかけた製品,緑釉陶を略して緑釉と呼ぶことも多い。出土品の分析によると,酸化鉛は50~70%,銅は酸化銅として1~3%含まれ,残りのほとんどは二酸化ケイ素となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょくゆう【緑釉】

陶器の釉うわぐすりの一。鉛を含む低火度釉で、銅を呈色剤とし、鮮やかな緑色を発する。また、緑釉を施した製品(緑釉陶)をさすこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緑釉
りょくゆう

陶磁器の緑色に呈発する釉薬。鉛を溶媒とし、呈色剤の銅の酸化によって緑色を呈し、その量で濃淡が生ずるが、これには低火度緑釉と高火度緑釉の2種がある。800℃内外で製される低火度緑釉は、中国では戦国時代(前4~前3世紀)に創始され、流行普及した漢代では瓦(かわら)や煉瓦(れんが)、明器(めいき)の陶俑(とうよう)・壺(こ)などが多数焼かれており、唐代には華麗な唐三彩にも用いられた。西アジアでは西暦前後にローマ帝国領内のシリア方面で焼かれており、また朝鮮半島では百済(くだら)、統一新羅(しらぎ)などに多くみられる。日本では正倉院宝物の奈良三彩(後8世紀ころ)に緑釉があるが、単彩ではもうすこし早い時期(7世紀ころ)に始められたと推測される。平安時代には平安緑釉として単彩で用いられたが、鎌倉時代以後はしばらくとだえ、桃山時代にふたたび交址(こうち)三彩の技術の導入により、楽焼・京焼を含む多彩な製品へと展開した。
 高火度の灰釉陶系の緑釉は、同じく銅を呈色剤として1250℃前後で製される。東洋ではベトナムで11世紀ころにこの釉法がくふうされ、日本ではまず美濃(みの)(岐阜県)の妙土(みょうど)窯が16世紀後半に試みており、17世紀初頭には美濃焼元屋敷窯の織部(おりべ)陶で大いに用いられた。[矢部良明]
『楢崎彰一編『日本陶磁全集5 三彩・緑釉』(1977・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の緑釉の言及

【奈良三彩】より

…奈良時代から平安時代にかけて焼かれた低火度の鉛釉瓷で,日本最古の施釉陶器。一般には平安時代の緑釉を含めて奈良三彩,緑釉あるいは彩釉陶器と呼ばれている。当時の文献や古文書には〈瓷〉〈瓷器〉〈青瓷〉〈青子〉などの用語がみられ,シノウツワモノ,アオシと呼ばれていた。…

※「緑釉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

緑釉の関連キーワード四天王寺址[大韓民国]アルハンブラの翼壺元屋敷陶器窯跡大ノ瀬官衙遺跡吉志部瓦窯跡ド・モーガン伯耆国衙跡森野 嘉光美濃国府跡大飛島遺跡神坂峠遺跡青瓷・青磁林東土城跡岸部瓦窯址栗栖野瓦屋平出遺跡因久山焼畑 和子奈良三彩楢崎彰一

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緑釉の関連情報