コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田 秀三 ヤマダ ヒデゾウ

20世紀日本人名事典の解説

山田 秀三
ヤマダ ヒデゾウ

昭和・平成期のアイヌ語地名研究家 元・北海道曹達会長。



生年
明治32(1899)年6月30日

没年
平成4(1992)年7月27日

出生地
東京・赤坂

学歴〔年〕
東京帝大法学部政治学科〔大正13年〕卒

主な受賞名〔年〕
北海道文化賞(第31回)〔昭和54年〕,地名研究賞(第2回)〔昭和58年〕,勲三等,藍綬褒章,北海道新聞文化賞社会文化賞(第45回)〔平成3年〕「アイヌ語地名の実証的研究」

経歴
農商務省に入り、仙台鉱山監督局長、内閣参事官、軍需省化学局長等を歴任。昭和24年北海道曹達を創立し、54年2月まで社長、会長を務めた。この間アイヌ文化伝承保存にも力をつくし、頻繁に北海道へ足を運び研究と調査に没頭。58年「アイヌ語地名の研究―山田秀三著作集」(全4巻)を刊行。他の著書に「北海道の地名」「関東地名物語」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

山田 秀三の関連キーワードエコツーリズム金田一京助知里真志保久保寺逸彦文化勲章大化改新白石踊呉黄石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android