山田ねずみだいこん(読み)やまだねずみだいこん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

山田ねずみだいこん[根菜・土物類]
やまだねずみだいこん

近畿地方、滋賀県の地域ブランド。
主に草津市北山田地区で生産されている。伊吹山の自生だいこんに由来し、主産地の北山田地区では、大正時代初期に桑園の後地に作付けされたのが始まりとされる。長さ15cm〜20cmと一般的な青首だいこんに比べて小さく、白首で、の部分がネズミののようにみえる。11月〜12月に収穫されて、がついたまま漬物に利用されるほか、七草粥のすずしろとして用いられる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android