コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七草粥/七種粥 ナナクサガユ

デジタル大辞泉の解説

ななくさ‐がゆ【七草×粥/七×粥】

正月7日に春の七草を入れて炊くナズナアブラナの葉だけを用いる地方もある。 新年》「七日客―の残りなど/虚子
正月15日に粟(あわ)稗(ひえ)黍(きび)胡麻(ごま)小豆(あずき)を入れて炊いた粥。のちに小豆粥となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

食の医学館の解説

ななくさがゆ【七草粥】

 1月7日には、これからはじまる新しい1年を平和に暮らせることを願い、邪気(じゃき)を払う意味で「七草粥(ななくさがゆ)」を食べます。こうした風習は、わが国へは中国から平安時代初期に伝わりました。
 七草というのはセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザスズナスズシロの7種です。
 もっとも昔は、七種の穀物でつくられ「七種粥(ななくさがゆ)」と呼ばれていたといわれています。米、アワキビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキとも、米、大麦、小麦、アワ、キビ、ダイズ、アズキともいわれています。
 七草を使うようになったのは鎌倉時代からだそうです。
 それぞれに効用があり、セリは目の充血やめまいを予防、ナズナは消化機能をととのえます。ゴギョウはせきを止め、たんを切る働き、ハコベラは胃炎や胃弱に効果的、ホトケノザは筋肉の痛みに、スズナは胃腸をととのえ熱を下げます。スズシロも胃腸の働きを助ける働きがあります。
 お節料理や新年会など、飲んだり食べたりすることの多い時期。疲れた胃腸をいたわり、不足しているビタミンを補うために、最適なメニューといえます。

出典 小学館食の医学館について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七草粥
ななくさがゆ

七草」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

七草粥/七種粥の関連キーワード山田ねずみだいこん六日年越し七種の節句人日の節句粥のこ汁正月行事日本料理若菜迎え薺打つ残り粥叩き菜雑炊山菜若菜節供菜粥人日正月胡麻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android