コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田常典 やまだ つねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田常典 やまだ-つねのり

1808-1863 江戸時代後期の国学者。
文化5年8月生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)吉田藩士。本間游清(ゆうせい)にまなぶ。紀伊和歌山藩家老の水野忠央(ただなか)につかえ,漢学所督学となる。「丹鶴叢書(たんかくそうしょ)」を編集した。文久3年7月7日死去。56歳。本姓は平井。名は晋。通称は常介。号は蕗園,臣木舎。著作に「源氏物語系図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone