コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田常典 やまだ つねのり

美術人名辞典の解説

山田常典

国学者。伊予吉田藩士。通称常介、名は晋、号は蕗園・臣木舎・楓江・藍江。江戸生。村田春海海野幸典・本間游清・清水浜臣等に師事。著書に『掌中源氏物語系図』『百人一首女訓抄』等がある。文久3年(1863)歿、56才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田常典 やまだ-つねのり

1808-1863 江戸時代後期の国学者。
文化5年8月生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)吉田藩士。本間游清(ゆうせい)にまなぶ。紀伊和歌山藩家老の水野忠央(ただなか)につかえ,漢学所督学となる。「丹鶴叢書(たんかくそうしょ)」を編集した。文久3年7月7日死去。56歳。本姓は平井。名は晋。通称は常介。号は蕗園,臣木舎。著作に「源氏物語系図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田常典の関連キーワード平岡好国国学者鶴久子

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android