コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹鶴叢書 たんかくそうしょ

5件 の用語解説(丹鶴叢書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹鶴叢書
たんかくそうしょ

江戸時代後期の叢書。 152冊。紀州新宮城 (丹鶴城) 主の水野忠央 (ただなか) が,自己の蔵書中から国史,記録,故実,歌集,物語など古典的価値の高いものを選んで刊行したもの。弘化4 (1847) ~嘉永6 (53) 年刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たんかくそうしょ【丹鶴叢書】

江戸後期の叢書。154冊。紀州新宮藩主水野忠央(みずのただなか)編。弘化4~嘉永6年(1847~53)刊。歌集・物語・故実・記録・国史などの稀覯(きこう)本を集めたもの。書名は新宮城を別名丹鶴城というのにちなむ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

丹鶴叢書【たんかくそうしょ】

古典の刊本叢書。紀州家付家老(つけがろう),新宮城主水野忠央(ただなか)編。1847年―1853年記録,故実,歌集,物語,絵詞(えことば),史伝などにわたり,7帙(ちつ)154冊として刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たんかくそうしょ【丹鶴叢書】

紀州新宮城(丹鶴城)藩主水野忠央編の叢書。七帙一五四冊。1847~53年刊。歴史・文学・医学などの稀覯きこう本を収め、校訂が厳密で版刻が美しいことで知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹鶴叢書
たんかくそうしょ

紀州藩付家老(つけがろう)で新宮(しんぐう)領に配置されていた領主の水野土佐守忠央(ただなか)が貴重書物を集めて出版した叢書(そうしょ)。水野忠央は学問を好み、とくに国学を重視した。丹鶴書院に数万巻の貴重な書物を集め、丹鶴叢書編輯(へんしゅう)所をつくり、山田常典(つねのり)を中心に小中村清矩(こなかむらきよのり)、黒川真頼(まより)、本居大平(もとおりおおひら)らを編纂(へんさん)委員とし、国史、記録、故実、歌集、物語などを集めて、七帙(ちつ)171部、162冊の叢書を編纂した。天保(てんぽう)年間(1830~44)に編纂に着手し、1847年(弘化4)に出版を始め、1853年(嘉永6)に第七帙を出版、ほかに『丹鶴図譜』『丹鶴外書』などがある。江戸幕府、紀州藩に献上し、江戸京橋の本屋徳兵衛(とくべえ)の店から発売。その精美なること、これにすぐるものはないといわれた。当時諸藩では漢籍の出版が多かったが、丹鶴叢書のような国書は少なかった。[安藤精一]
『水野忠央編『丹鶴叢書』(復刻・1976・臨川書店) ▽『新宮市誌』(1937・新宮市) ▽『新宮市史』(1972・新宮市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹鶴叢書の関連キーワード紀州家紀州ネル紀州流紀州焼熊野新聞信州新町南九州新聞南信州新聞信州新〈町〉長野県長野市信州新町水内

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone