コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田正亮 やまだまさあき

百科事典マイペディアの解説

山田正亮【やまだまさあき】

画家。東京生れ。東京府立工業高専卒業。1949年から1953年まで読売アンデパンダン展,1950年から1956年まで自由美術家協会展に出品。1958年初個展。多彩色の水平ストライプのシリーズや,いくつかの四角に画面を分割したモノクローム絵画は,ミニマル・アートの緊張感をもつ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android