山田民雄(読み)やまだ たみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田民雄 やまだ-たみお

1928- 昭和後期-平成時代の劇作家。
昭和3年3月30日生まれ。農山漁村文化協会に勤務。かたわら「縁談」などをかき,農村演劇運動を推進した。昭和42年「かりそめの出発」「北赤道海流」で小野宮吉戯曲平和賞。のち企業労働者の問題をかく。東京出身。東京農林専門学校(現東京農工大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android