山田 真二(読み)ヤマダ シンジ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

山田 真二
ヤマダ シンジ


職業
俳優 歌手

本名
山田 常高(ヤマダ ツネタカ)

生年月日
昭和12年 3月25日

出生地
東京市 小石川区向ケ丘弥生町(東京都 文京区)

学歴
国学院高卒 東京音楽学校(東京芸術大学)中退

経歴
父は舞踊家で、姉も舞踊家の山田奈々子。昭和29年スカウトされて松竹に入社、同年原研吉監督「黒い罌粟」でデビュー。30年東宝に移り中川信夫監督「三四郎」に主演、杉江敏男監督「ジャンケン娘」では美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの“三人娘”と共演した。31年歌手としても「哀愁の街に霧が降る」がヒットして同名映画に主演、34年にはNHK「紅白歌合戦」に出場した。34年東映と契約したが、36年東宝に復帰。のちフリー。主な出演作に映画「朝霧」「ある女の場合」「東から来た流れ者」「嵐を呼ぶ男」などがある。

受賞
国民映画新人男優賞〔昭和30年〕「三四郎」

没年月日
平成19年 10月15日 (2007年)

家族
姉=山田 奈々子(舞踊家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android