コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山背王 やましろおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山背王 やましろおう

?-763 奈良時代の公卿(くぎょう)。
長屋王と藤原長娥子(ながこ)の子。長屋王の変に際し,母が藤原不比等(ふひと)の娘であったため罪をまぬかれる。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年橘奈良麻呂の謀反(むほん)を密告して従三位となり,のち藤原弟貞(おとさだ)の名をあたえられる。天平宝字6年参議となった。天平宝字7年10月17日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山背王

生年:生没年不詳
6世紀の皇族。欽明天皇蘇我稲目の娘堅塩媛の子。山代王とも書く。

(増渕徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

山背王の関連キーワード安史の乱離婚ケベック問題JPホールディングス安史の乱鑑真当麻曼荼羅安史の乱協議離婚