コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東大寺造仏所 とうだいじぞうぶつしょ

百科事典マイペディアの解説

東大寺造仏所【とうだいじぞうぶつしょ】

東大寺司に属した仏像および付属品製作のための機関。東大寺の前身である金光明(こんこうみょう)寺の造仏所から発展した。職員は長官の別当が2人,将領(しょうりょう)・長上(ちょうじょう)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうだいじぞうぶっしょ【東大寺造仏所】

東大寺を造営するために設けられた造東大寺司(ぞうとうだいじし)の下につくられた,仏像製作のための行政機関兼工房。造東大寺司には,ほかに鋳所,木工所,造瓦所などがあり,大仏および金銅仏などは鋳所で製作したと思われる。造仏所では木,乾漆,塑土などを材料とする仏像やその付属品の製作に当たったと思われ,742年(天平14)ころからあった,大和国分寺に当たる金光明寺造営のための金光明寺造物所内の造仏所から発達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東大寺造仏所の関連キーワード国中公麻呂天平彫刻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android