コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山館 さんかん

大辞林 第三版の解説

さんかん【山館】

山中の宿。山中の建物。 「 -野亭のくるしき愁も、かつは話の種となり/笈の小文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の山館の言及

【館】より

…辺要では柵館ともいった。なおその立地点によって,すなわち丘陵や山丘にあるものを山館,舌状台地の先端に位置し,平地に臨むのを平館,低地に立地するものを沼館という。さらに構造上,単郭,単濠単郭,単濠複郭,複濠複郭および空濠組合郭の5類型に分けられる。…

※「山館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山館の関連キーワード青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田小国東小国山北海道檜山郡上ノ国町勝山神奈川県三浦郡葉山町一色北海道檜山郡上ノ国町神奈川県立近代美術館東京都千代田区有楽町山口県山口市上竪小路静岡県裾野市葛山大館跡〈北海道〉日本のおもな城畦地 梅太郎上ノ国(町)川越(市)上之国館跡松前[町]松前氏城跡葉山(町)大内氏遺跡タナサカシ木村謙次

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山館の関連情報