コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鶉 ヤマウズラ

デジタル大辞泉の解説

やま‐うずら〔‐うづら〕【山×鶉】

キジ目キジ科ヤマウズラ属の鳥の総称。アジア・ヨーロッパに分布。ヨーロッパヤマウズラは全長約30センチ。体はずんぐりして尾が短く、灰色に赤褐色があり、腹に逆U字形の斑をもつ。狩猟鳥。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまうずら【山鶉】

キジ目キジ科ヤマウズラ属の鳥の総称。ウズラに似るが大きく、全長25センチメートルほど。胸に馬蹄形の大きな斑紋がある。ユーラシアに三種がある。狩猟鳥。 〔古くは誤ってシャコと呼んだ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山鶉 (ヤマウズラ)

動物。キジ科キジ亜科ヤマウズラ族に含まれる鳥の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android