岐須美美命(読み)きすみみのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岐須美美命 きすみみのみこと

「古事記」にみえる神武天皇の皇子。
母は日向(ひむか)の阿比良比売(あひらひめ)。多芸志美美命(たぎしみみのみこと)の弟。本居宣長(もとおり-のりなが)は「日本書紀」には手研耳命(たぎしみみのみこと)の名しかみえないことから,多芸志美美命の多の字が脱落して兄弟ふたりと誤伝されたのではないか,と推測している。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android