コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐須美美命 きすみみのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岐須美美命 きすみみのみこと

「古事記」にみえる神武天皇の皇子。
母は日向(ひむか)の阿比良比売(あひらひめ)。多芸志美美命(たぎしみみのみこと)の弟。本居宣長(もとおり-のりなが)は「日本書紀」には手研耳命(たぎしみみのみこと)の名しかみえないことから,多芸志美美命の多の字が脱落して兄弟ふたりと誤伝されたのではないか,と推測している。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岐須美美命の関連キーワード吾平津媛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android