コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡元太郎 おか もとたろう

1件 の用語解説(岡元太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡元太郎 おか-もとたろう

1836-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年3月3日生まれ。備前岡山藩家老土肥典膳の家臣。文久3年足利氏木像梟首(きょうしゆ)事件にかかわり長州にのがれる。尊攘(そんじょう)運動にくわわり,元治(げんじ)元年新選組の松山幾之助を殺害。千屋(ちや)金策らと中国諸藩を遊説中,美作(みまさか)(岡山県)英田郡(あいだぐん)土居で賊と誤解されて包囲され,元治2年2月22日自刃(じじん)。30歳。名は敦。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡元太郎の関連キーワード郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合浜田藩坂本竜馬

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone