土居(読み)どい

精選版 日本国語大辞典「土居」の解説

ど‐い ‥ゐ【土居】

[1] 〘名〙
① 土を盛り上げてつくった土手。堤。
※御堂関白記‐長和二年(1013)九月四日「中嶋立橋是土居也」
② 城の周囲にめぐらした土を盛った垣。城壁。城塁。土居の上部を石垣にしたものを、鉢巻土居という。
※宗長手記(1522‐27)上「外城のめくり、六七百間堀をほり土居をつきあげ」
③ 中世、家屋集落の周囲に防御のため、築きめぐらした土塁。転じて、土豪の屋敷をさす。堀内(ほりのうち)
※東宝記(1352)三「停止国中諸郡郷地頭守護人、承久以後新土居門田以下惣地下自由募等、平均遂国検
④ 中世、領主・地頭などの直轄地。
※三宝院文書‐応永四年(1397)一二月日・讚岐国東長尾庄庄主昌緯注進状「一拾漆町陸段大拾歩 地頭土居〈略〉一捌町陸段小三十歩 公文土居」
⑤ 家や家具の土台。つちい。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑦ 「どいぶき(土居葺)」の略。
[2]
[一] 愛媛県四国中央市の地名。石鎚山脈から吹きおろすフェーン(やまじ風)が強く、石置屋根の家や防風林が多い。
[二] 岡山県東部、美作(みまさか)市の地名。江戸時代、出雲街道の佐用と勝間田との間の宿駅として栄え、元祿年間(一六八八‐一七〇四)には代官所がおかれた。

つち‐い ‥ゐ【土居】

〘名〙 柱や家を建てるための土台。帳台の四隅にあって柱を立てる木の台や、几帳の柱を立てる木の台などをもいう。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「御帳の外(と)のつちいに押しかかりて、ゐねぶりし給へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「土居」の解説

つち‐い〔‐ゐ〕【土居】

建築物の土台。
「―に苔(こけ)むせり」〈方丈記
帳台・几帳(きちょう)などの柱の下の台。
「―のもとにて抱き取りたれば」〈宇津保・蔵開上〉

ど‐い〔‐ゐ〕【土居】

土を積み上げてつくった堤(つつみ)。土手。
城の周囲にめぐらした土の垣。
中世、屋敷や集落の周囲に防御のためにめぐらした土塁。転じて、土豪の屋敷をさす。堀の内。
建物や家具などの土台。
土居桁(どいげた)」の略。
土居葺(どいぶ)き」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「土居」の解説

土居
どい

愛媛県東部、宇摩郡(うまぐん)にあった旧町名(土居町(ちょう))。現在は四国中央市の西部を占める一地域。旧土居町は1954年(昭和29)土居、長津、小富士(こふじ)、蕪崎(かぶらざき)、天満(てんま)、関川(せきがわ)の6村が合併して町制施行。2004年(平成16)川之江(かわのえ)市、伊予三島(いよみしま)市、新宮(しんぐう)村と合併、四国中央市となる(なお、この合併により宇摩郡は消滅)。旧町域は関川流域に広がり、北部は燧灘(ひうちなだ)に面し、南限を四国山地の前山にあたる赤石(あかいし)山脈の北側とする。JR予讃(よさん)線、国道11号、松山自動車道が通じ、土居インターチェンジがある。中世の豪族の居館(土居)跡が多く、名称もそれに由来する。山地が海岸に迫り、フェーン現象を伴うやまじ風が吹き、農作物に大きな被害を与えてきたため、作物は風に強い根菜類が多い。国道沿いには赤石山脈に多いゴヨウマツを栽培する樹園が多い。西接する新居浜(にいはま)市への通勤者も多い。四国別格二十霊場第12番札所の延命寺がある。

[横山昭市]

『『土居町誌』(1984・土居町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「土居」の解説

土居
どい

愛媛県東部,燧に面する町。 1954年土居,長津,小富士,蕪崎,天満関川の6村が合体して町制。 2004年4月,川之江市,伊予三島市,新宮村と合併し四国中央市となる。江戸時代は天領,西条藩領,今治藩領に分割統治され,天領の下天満 (しもてんま) は別子銅山の銅の積出港であった。畜産のほか,サトイモが栽培される。南部の東赤石山 (1707m) にはゴヨウマツの原生林があり,ゴヨウマツを栽培する樹園がある。大空,高原古墳群,八雲神社など旧跡が多い。海岸平地部を JR予讃線,国道 11号線が通り,松山自動車道のインターチェンジがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「土居」の解説

どい【土居】

城郭や屋敷地の周囲防御のために築いた盛土のこと。土塁とほとんど同じ意味であるが,近世までは土居の語を用いた。また土居で防御された敷地全体,例えば土居屋敷を単に土居と呼ぶ例が中世以来あり,とくに土佐伊予淡路などに多い。平地の土居はを掘った土をかきあげて築いた。部分的に石垣を用いる場合もあり,その石が上にあるのを鉢巻土居下端にあるのを腰巻土居という。土をつき固めただけのものを敲(たたき)土居,さらにその表面にを張ったものを芝土居という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の土居の言及

【堀ノ内】より

…堀に囲まれた中世の武士の屋敷地。堀を掘った土を内側に盛った土塁によって囲まれることが多いので,土居とも称した。現在遺跡として残るものは,ほぼ1町(109m)四方の正方形を基準にし,小は半町四方,大は2町四方まで規模の差がある。…

【本宅】より

…中世武士団もこの本宅を核として形成され存続した。中世武士の屋敷地は通常1~2町の規模を有し,堀や土塁で区画されて土居堀ノ内などと称せられ,屋敷畠や門田(もんでん)等の直属耕地や下人在家を包摂していた。このような在地領主の本宅は,名田(みようでん),所職(しよしき)など全所領の根幹をなしていたので,武家による本領安堵を本宅安堵ということがあり,治承・寿永の内乱のとき,河内国の領主が本領開発田の濫妨に対して〈安堵本宅〉をもとめて源義経の安堵外題を与えられ(《水走文書》),上総国御家人が源頼朝から〈本宅に安堵すべきの旨〉の恩裁をうけた事例(《吾妻鏡》)がある。…

※「土居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android