コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本起泉 おかもと きせん

1件 の用語解説(岡本起泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本起泉 おかもと-きせん

1853-1882 明治時代の戯作(げさく)者。
嘉永(かえい)6年生まれ。明治10年東京さきがけ新聞(のち東京新聞と改称)にはいる。「其名も高橋毒婦の小伝(おでん)―東京奇聞」など実録ふうの続き物をかき読者の人気をあつめ,13年からは有喜世新聞で活躍。明治15年7月20日死去。30歳。江戸出身。本名は勘造。別号に貴泉。著作はほかに「恨瀬戸恋神奈川(うらみせとこいのかながわ)」「島田一郎梅雨(さみだれ)日記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岡本起泉の関連キーワード戯作三昧戯作者河原風来久保田彦作彩霞園柳香染崎延房為永春江為永春友松村春輔笠亭仙果(2代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone