コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本起泉 おかもと きせん

1件 の用語解説(岡本起泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本起泉 おかもと-きせん

1853-1882 明治時代の戯作(げさく)者。
嘉永(かえい)6年生まれ。明治10年東京さきがけ新聞(のち東京新聞と改称)にはいる。「其名も高橋毒婦の小伝(おでん)―東京奇聞」など実録ふうの続き物をかき読者の人気をあつめ,13年からは有喜世新聞で活躍。明治15年7月20日死去。30歳。江戸出身。本名は勘造。別号に貴泉。著作はほかに「恨瀬戸恋神奈川(うらみせとこいのかながわ)」「島田一郎梅雨(さみだれ)日記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡本起泉の関連キーワード徳川家慶早稲田大学コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新角田喜右作村松亀一郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone