コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田新川 おかだ しんせん

1件 の用語解説(岡田新川の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田新川 おかだ-しんせん

1737-1799 江戸時代中期-後期の儒者。
元文2年7月7日生まれ。松平君山にまなび,天明3年尾張(おわり)名古屋藩校明倫堂教授,寛政4年督学(学頭)。歴史編纂所継述館総裁もつとめた。寛政11年3月24日死去。63歳。名は宜生。字(あざな)は挺之。通称は仙太郎。別号に暢園,杉斎。著作に「秉穂(へいすい)録」「畸人詠」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の岡田新川の言及

【尾張国】より

… 藩祖義直は家康から多数の書籍を譲られ,自身も《類聚日本紀》174巻を編纂し好学の藩風をつくり,尾張独自の考証学風を生み出した。河村秀根の《書紀集解》30巻や岡田新川らによる《群書治要》の校刊と《孝経鄭氏解》の刊行,鈴木朖(あきら)の《言語四種論》,さらに本居宣長の《古事記伝》の名古屋出版等によって学問的風潮は庶民の間にも広まった。城下で松尾芭蕉を中心に門人らによって正風開眼がなされ,俳諧の結社は農村にまで及んだ。…

※「岡田新川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡田新川の関連キーワード伊良子光顕倉光日向守斎藤頼母斎藤長秋佐久間文爾三鍼司馬可因高尾信福樗雲淵章甫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone