コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平君山 まつだいら くんざん

2件 の用語解説(松平君山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平君山 まつだいら-くんざん

1697-1783 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)10年3月27日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩書物奉行。藩命で「士林泝洄(そかい)」「張州府志」を編集。著作はほかに注疏「孝経直解」,本草「本草正譌」,詩文「三世唱和」など多数。天明3年4月18日死去。87歳。本姓は千村。名は秀雲。字(あざな)は士竜。通称は弥之助,太郎左衛門。別号に竜吟子,富春山人など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平君山

没年:天明3.4.18(1783.5.18)
生年:元禄10.3.27(1697.5.17)
江戸時代中期の漢学者。尾張(愛知県)の人。名は秀雲,字は士竜,通称は太郎左衛門。君山は号。父は尾張藩士千村秀信,母は堀杏庵 の孫。成人して松平久忠の養子となる。尾張藩に仕え,書物奉行となった。幼いころ父母に学んだ以外常師はなく,独学であったが,博覧強記,経史から諸子百家,地誌,本草に至るまであらゆる分野に精通していた。温和な人柄で,その門からは多くの逸材が育ち,まさに君山学派をなした。編著の数もおびただしく,蔵書家としても知られている。<著作>『三世唱和』<参考文献>市橋鐸『松平君山考』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平君山の関連キーワード一和安堂信時加藤勘六(初代)加藤唐左衛門(初代)川本半助(初代)末包金陵秦峨眉藤尾勾当山本格安渡辺善斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone