コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平君山 まつだいら くんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平君山 まつだいら-くんざん

1697-1783 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)10年3月27日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩書物奉行。藩命で「士林泝洄(そかい)」「張州府志」を編集。著作はほかに注疏孝経直解」,本草「本草正譌」,詩文「三世唱和」など多数。天明3年4月18日死去。87歳。本姓は千村。名は秀雲。字(あざな)は士竜。通称は弥之助,太郎左衛門別号に竜吟子,富春山人など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平君山

没年:天明3.4.18(1783.5.18)
生年:元禄10.3.27(1697.5.17)
江戸時代中期の漢学者。尾張(愛知県)の人。名は秀雲,字は士竜,通称は太郎左衛門。君山は号。父は尾張藩士千村秀信,母は堀杏庵 の孫。成人して松平久忠の養子となる。尾張藩に仕え,書物奉行となった。幼いころ父母に学んだ以外常師はなく,独学であったが,博覧強記,経史から諸子百家,地誌,本草に至るまであらゆる分野に精通していた。温和な人柄で,その門からは多くの逸材が育ち,まさに君山学派をなした。編著の数もおびただしく,蔵書家としても知られている。<著作>『三世唱和』<参考文献>市橋鐸『松平君山考』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

松平君山 (まつだいらくんざん)

生年月日:1697年3月27日
江戸時代中期の漢学者
1783年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

松平君山の関連キーワード赤田臥牛磯谷滄洲岡田新川恩田蕙楼平家正節生年月日松平霍山堀田恒山杉山維敬儒者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android