岡田 宜法(読み)オカダ ギホウ

20世紀日本人名事典の解説

岡田 宜法
オカダ ギホウ

大正・昭和期の僧侶(曹洞宗),仏教学者 駒沢大学学長。



生年
明治15(1882)年4月7日

没年
昭和36(1961)年12月29日

出生地
埼玉県北足立郡共和村

別名
号=禅林,摘翠

学歴〔年〕
曹洞宗大学〔明治39年〕卒

学位〔年〕
文学博士(駒沢大学)〔昭和19年〕

経歴
郷里雲祥寺福田宜範に嗣法。曹洞宗学を専攻。大正元年から両本山布教師となり各地を回ったが、7年世田谷中学教頭、14年駒沢大学教授となり宗会議員。22〜28年駒沢大学長。退任後、禅宗辞典編纂所長となった。著書に「曹洞宗教理概説」「道元禅師の思想」「正法眼蔵思想大系」(全8巻)、「禅学綱要」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android