岡野養之助(読み)おかの ようのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野養之助 おかの-ようのすけ

1878-1949 明治-昭和時代前期の新聞人。
明治11年8月31日生まれ。29年大阪朝日新聞社にはいる。37年中国,朝鮮にわたり日露開戦第一報を打電した。編集局主幹,論説委員,取締役をへて,昭和14年から社史の編集にあたり,「村山竜平伝」の編集にもたずさわる。昭和24年6月1日死去。72歳。大阪出身。東京専門学校(現早大)卒。号は告天子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android