国史略(読み)こくしりゃく

精選版 日本国語大辞典「国史略」の解説

こくしりゃく【国史略】

江戸後期の歴史書。五巻。岩垣松苗著。文政九年(一八二六)刊。神代から天正一六年(一五八八)後陽成天皇聚楽第行幸まで、編年体による歴史を漢文で述べ、有名な人物略伝著書を付記したもの。谷寛得撰、小笠原勝修補の「続国史略」が書き継がれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「国史略」の解説

こくしりゃく【国史略】

江戸後期の歴史書。5巻。巌垣松苗著。文政9年(1826)刊。神代から天正16年(1588)後陽成天皇聚楽第じゅらくだい行幸に至るまでを、漢文による編年体で述べたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android