コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩石の物理的性質 がんせきのぶつりてきせいしつ

1件 の用語解説(岩石の物理的性質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩石の物理的性質
がんせきのぶつりてきせいしつ

岩石の物性一般をさす。密度,硬さ,弾性率 (ヤング率,剛性率) ,体膨張率,比熱など。その他多くの要素があるが,普通力学的性質が最も重視され,岩石力学が独自の分野をつくっている。岩石の強度,物性定数,変形特性などを調査するため,引張り試験圧縮試験,剪断試験,曲げ試験ねじり試験のほか,高温型・高封圧型・超低ひずみ速度型の3軸圧縮試験によって,これらの物性が確かめられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石の物理的性質の関連キーワード弾性率伸び弾性率ずれ弾性率体積弾性率緩和弾性率瞬間弾性率ずり弾性率せん断弾性率ずれ弾性率の式ラメの弾性定数

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone