コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩石の物理的性質(読み)がんせきのぶつりてきせいしつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩石の物理的性質
がんせきのぶつりてきせいしつ

岩石の物性一般をさす。密度,硬さ,弾性率 (ヤング率,剛性率) ,体膨張率比熱など。その他多くの要素があるが,普通力学的性質が最も重視され,岩石力学が独自の分野をつくっている。岩石の強度,物性定数,変形特性などを調査するため,引張り試験,圧縮試験,剪断試験,曲げ試験,ねじり試験のほか,高温型・高封圧型・超低ひずみ速度型の3軸圧縮試験によって,これらの物性が確かめられる。岩石の物理的性質の多くは,構成鉱物の物理的性質と構成鉱物の集合状態,空孔,水分の存在によって左右される。したがって同じ岩石名をもったものでも構成鉱物の集合状態や空孔,水分の違いによって異なった物理的性質を示すことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android