コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧縮試験 あっしゅくしけんcompression test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧縮試験
あっしゅくしけん
compression test

試験片に徐々に圧縮力 (荷重) を加えて材料の機械的性質を知る試験。延性に富んだ金属材料には適さないが,もろい材料の強度を求める場合に有効な試験法である。得られる応力-ひずみ線図から,圧縮時の比例限度,弾性限度,降伏点または耐力,弾性係数,圧縮強さ (脆性。もろい材料では破壊強さ) などが求められる。また,真応力-ひずみ線図からは塑性加工時の材料の変形抵抗を知ることができる。試験には専用の圧縮試験機か万能材料試験機を用いる。試験片には特に規定はないが,座屈と端面の影響を除くため,通常は試験片の長さを直径の1~2倍程度とし,また試験片の端面と耐圧盤との摩擦抵抗が小さくなるように注意する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

圧縮試験【あっしゅくしけん】

試験片に圧縮荷重を加えてひずみや応力を測定し,機械的性質や変形抵抗を調べる試験。鋳鉄,木,コンクリートなどのもろい材料では破壊するまで試験し,圧縮強さを測定する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

圧縮試験

 試料を圧縮して,ヤング率などを求める試験.また,どの程度の圧力に耐えるかの試験.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

圧縮試験
あっしゅくしけん
compression test

材料試験の一種で、材料の圧縮に対する機械的性質を調べるために行われる。とくに軸受(じくうけ)合金や鋳鉄、あるいは木材、コンクリート、れんが、石材などのように圧縮力を受ける部材として多く使用される材料や、圧縮に対する性質が引張りに対するものと著しく異なる材料について行われ、降伏点、圧縮強さや縮み率などが測定される。圧縮試験のためにとくにつくられた試験機を用いることもあるが、通常は万能試験機が使用される。これは、試験片の取り付けや荷重の伝達をくふうして引張り試験、圧縮試験および曲げ試験を行うことのできる材料試験機である。
 圧縮試験の試験片の形としては、鋳鉄やセメントなどのもろい材料では立方体、通常の金属材料では丸棒が多く使用される。縮み率を求めるための標点距離は試験片の全高さとする。丸棒を用いる場合、あまり細長い試験片を使うと座屈(ざくつ)現象のおこるおそれがあり、またあまり短いと適切な測定値が得られなくなるので、適当な高さを選ぶ必要がある。直径と高さを等しくとれば、一般に座屈の心配もなく有効な測定を行うことができる。圧縮試験では、試験機の耐圧盤と試験片両端との接触面に作用する摩擦力の影響が大きく、摩擦のために試験片端部の変形が妨げられると、樽(たる)状に変形し好ましくない。試験片が短いほど、この影響は大きくなる。これを防ぐために、試験片の両端面を圧縮方向に垂直に、しかも十分平滑に仕上げることが不可欠であり、接触面は清浄にして潤滑剤を用いることが望ましい。ボールベアリングとして使用される焼入れされた鋼球などは、とくに入念な圧縮試験が行われ、鋼球に割れ目が初めて生ずる荷重、あるいは破砕するときの荷重が測定される。タイヤや、ばねも圧縮荷重の下で使用されるので、それぞれの使用条件に応じた圧縮試験が行われる。[林 邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の圧縮試験の言及

【材料試験】より

…機械,構造物などを合理的に設計するには,材料の性質をよく知っていることが必要であり,材料試験は工学のもっとも基礎的な部分をなしている。
[材料試験の種類]
 材料試験には,加える荷重の種類によって,引張試験,圧縮試験,曲げ試験,ねじり試験などの区別があり,また荷重の変動のしかたによって,荷重が十分ゆっくり加わる静的試験,繰返し荷重が加わる疲れ試験(疲労試験),衝撃荷重が加わる衝撃試験などの区別がある。さらに,これらの条件の種々の組合せが考えられるので,材料試験には非常に多くの種類があることになる。…

※「圧縮試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

圧縮試験の関連キーワードモール‐クーロンの破壊基準シュミットの法則岩石の物理的性質クーロンの公式万能試験機材料試験岩盤力学曲げ試験疲労試験

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android