コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩間乙二 いわま おつに

美術人名辞典の解説

岩間乙二

江戸後期の俳人。陸奥白石の千手院住職。麦蘿の長男。本姓亘理、名は清雄、号松窓俳諧は父より学ぶ。巣兆・鈴木道彦と交わり『畑芹』を刊行。俳風は東北の風土の特色をよく表し重厚温和である。奥羽の四雄と称せられた。文政6年(1823)寂、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩間乙二 いわま-おつに

1756-1823 江戸時代後期の俳人。
宝暦6年生まれ。陸奥(むつ)白石(宮城県)の千手院住職。俳諧(はいかい)を父にまなぶ。江戸で夏目成美(せいび),鈴木道彦らとまじわる。東北,蝦夷(えぞ)地をめぐり,箱館で斧の柄社を結成。与謝蕪村(よさ-ぶそん)に私淑し,最初の注釈書「蕪村発句解」をあらわした。文政6年7月9日死去。68歳。本姓は亘理。名は清雄。別号に松窓。句集に「松窓乙二発句集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩間乙二

没年:文政6.7.9(1823.8.14)
生年:宝暦6(1756)
江戸中・後期の俳人。本名は清雄。号は松窓。陸前(宮城県)白石の千手院住職岩間清馨(俳号麦蘿)の長男。千手院第10代住職で,権大僧都。俳諧はもっぱら父に学ぶ。早くより与謝蕪村に私淑し,のち江戸に赴き,夏目成美,建部巣兆,鈴木道彦らと交わる。文化7~10(1810~13)年と文政1~3(1818~20)年の2度にわたり箱館に滞留し,斧の柄社を結んで同地俳壇の指導に当たった。乙二は技巧を排し,「誠」の情に徹した句をよしとした。その作風は,「斧の柄」と名づけた箱館の仮寓に入ったときの句「折る柴のなほ細かれや炉のけぶり」にみえるように重厚温和。<参考文献>赤羽学「吉川五明・岩間乙二」(明治書院『俳句講座』3巻)

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いわまおつに【岩間乙二】

1756~1823) 江戸後期の俳人。陸前の人。別号、松窓。権大僧都。蕪村に私淑し、のち独自の風に転じた。著「松窓乙二句集」「斧の柄」「蕪村発句解」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の岩間乙二の言及

【乙二】より

…江戸後期の俳人。姓は岩間,通称は清雄,松窓と号す。奥州白石の人。1803年(享和3)江戸に出て成美,巣兆,道彦と交わり《はたけ芹(せり)》を刊行。1810‐13年(文化7‐10)の北海道滞在をはじめとし,越後などに旅を重ねる。芭蕉,蕪村を慕った化政俳壇の雄で,誠を重んじ,作風は感覚的また重厚閑寂である。没後《乙二七部集》が編まれた。〈夏霧にぬれてつめたし白い花〉(《松窓乙二発句集》)。【田中 道雄】…

※「岩間乙二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩間乙二の関連キーワード市原多代女鈴木松嵐今泉素月市原多代松井溶々塩田冥々高梨一具島谷子行亘理乙二禾月

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android