コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚屋 サカナヤ

大辞林 第三版の解説

さかなや【魚屋】

食用の魚類・海産物を売る店。また、その人。鮮魚商。

ととや【魚屋】

高麗茶碗の一。泉州堺の商人「ととや」という者がルソン方面から持ち帰ったとも、千利休が魚屋の店先から見いだしたともいう。赤土の上に青茶釉をかけたもので、轆轤ろくろの目がきわめて細かい。斗々屋。

なや【魚屋】

さかな屋。 〔俚言集覧〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚屋
さかなや

生魚、塩干し魚や貝類を商う店。11世紀に、自家でとった獲物を町で振(ふり)売り(担(にない)売り)をしたのが原型である。専業化は13世紀からで、都市においては魚棚(うおだな)や魚座で店売りが行われた。市(いち)では振売りのほか、魚を商う露天の店もみられるようになった。近世の17世紀、魚屋は城下町や在町に店を構え、魚市場(江戸の魚河岸(うおがし)、大坂の雑喉場(ざこば)など)で仕入れた魚貝類を店売り、または担売りした。担売りとは、盤台や籠(かご)を天秤棒(てんびんぼう)で担って呼び声をあげて売り歩くことをいう。魚問屋には、肴(さかな)問屋と塩干し魚問屋があり、彼らは船便のよい地域に集まり、魚市場を運営した。
 一方、漁師の妻は夫の漁獲物を近在の町村で売り歩いたが、これは現在も同じ。魚貝類の流通システムは、仕出(しだし)屋を兼ねる魚屋が現れたほかは、19世紀後半から近代に至るまで基本的に変わりはない。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

魚屋の関連キーワードオールドフィッシャーマンズワーフ新皿屋舗月雨暈柿の蔕・柿の蒂三題噺魚屋茶碗団七九郎兵衛河原崎國太郎板台/盤台岡下 一郎魚屋宗五郎キス(鱚)谷中 魚善美空ひばり松浦佐世姫魚屋の茶碗魚屋茶碗水島新司高麗茶碗一心太助遠藤元男御推文字

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚屋の関連情報