岳南地域(読み)がくなんちいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「岳南地域」の解説

岳南地域
がくなんちいき

静岡県東部,富士川以東で,富士山愛鷹山の南麓一帯の地域。山麓緩斜面,潤井 (うるい) 川,沼川,浮島ヶ原などの低湿な沖積地,駿河湾岸の砂丘地を含む。豊富な地下水に恵まれ,日本屈指の製紙工業の中心地帯をなしてきたが,第2次世界大戦頃から製紙以外に,金属化学電機,自動車など各工業の進出が著しく,東海工業地域の一部を形成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android