コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸千年 きし ちとせ

1件 の用語解説(岸千年の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸千年 きし-ちとせ

1898-1989 昭和時代の牧師,神学者。
明治31年1月15日生まれ。アメリカサウスカロライナ州立大を卒業。日本福音ルーテル教会牧師をへて,昭和25年日本ルーテル神学大教授,39年同大学長。日本聖書協会理事長もつとめ,共同訳聖書の刊行につくした。平成元年6月30日死去。91歳。岐阜県出身。著作に「改革者マルティン・ルター」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の岸千年の言及

【ルター】より

…翻訳や論文,著作によってルターを紹介し,研究を深めたのは石原謙と佐藤繁彦(とくに後者の《ローマ書講解に現れたルターの根本思想》)である。これにつづく岸千年のルターの《ヘブライ人への手紙》講義の研究(《ヘブル書講解におけるルターの神学思想》)や,すでに数ヵ国語に翻訳されている北森嘉蔵《神の痛みの神学》がある。近くは金子晴勇《ルターの人間学》が学士院賞を受け,年々,ルター研究の著作,論文は増えている。…

※「岸千年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岸千年の関連キーワード富田満伊藤馨大下角一綱島佳吉比嘉静観松井米太郎武藤健村田四郎柳原貞次郎山鹿旗之進

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone