コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸千年 きし ちとせ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸千年 きし-ちとせ

1898-1989 昭和時代の牧師,神学者。
明治31年1月15日生まれ。アメリカのサウスカロライナ州立大を卒業。日本福音ルーテル教会牧師をへて,昭和25年日本ルーテル神学大教授,39年同大学長。日本聖書協会理事長もつとめ,共同訳聖書の刊行につくした。平成元年6月30日死去。91歳。岐阜県出身。著作に「改革者マルティン・ルター」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の岸千年の言及

【ルター】より

…翻訳や論文,著作によってルターを紹介し,研究を深めたのは石原謙と佐藤繁彦(とくに後者の《ローマ書講解に現れたルターの根本思想》)である。これにつづく岸千年のルターの《ヘブライ人への手紙》講義の研究(《ヘブル書講解におけるルターの神学思想》)や,すでに数ヵ国語に翻訳されている北森嘉蔵《神の痛みの神学》がある。近くは金子晴勇《ルターの人間学》が学士院賞を受け,年々,ルター研究の著作,論文は増えている。…

※「岸千年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岸千年の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android