岸本 義広(読み)キシモト ヨシヒロ

20世紀日本人名事典の解説

岸本 義広
キシモト ヨシヒロ

大正・昭和期の司法官僚,政治家 法務事務次官;衆院議員(自民党)。



生年
明治30(1897)年4月23日

没年
昭和40(1965)年9月10日

出生地
大阪府

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部〔大正12年〕卒

経歴
検事になり、地検などに勤務、戦後は札幌、広島高検検事長。昭和26年最高検次長検事、法務省事務次官、32年東京高検検事長を歴任。検察部内では戦前の思想検事系列にあって、塩野閥(塩野季彦の系統)の後継である岸本派の領袖とされ、経済検事派の馬場義続派に対抗する立場にいた。退官後、35年大阪5区から自民党所属で衆院議員に当選したが、選挙違反で執行猶予付き有罪となる。38年の選挙では落選。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android