峨々[温泉](読み)がが

世界大百科事典 第2版の解説

がが【峨々[温泉]】

宮城県南部,柴田郡川崎町にある温泉。蔵王山東斜面中腹,松川の支流濁(にごり)川の谷底に位置し,周囲の渓谷美が名の由来となった。ボウ硝泉,58℃。とくに胃腸病に特効のあることで知られ,川に面して露天ぶろもある。蔵王エコーラインの開通(1962)で交通が便利になり,青根温泉とともに蔵王登山の基地となっている。東北本線白石駅からバスがある。【谷沢 明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android