峯山藩

デジタル大辞泉プラスの解説

峯山藩

丹後国、峰山(現:京都府京丹後市町)周辺を領有した外様小藩。丹後一国を領有した京極高知(たかとも)の死後、養子高通(たかみち)が1万石の分知を受け、1万3000石で峰山に陣屋を構えて立藩したもの。以後幕末まで12代にわたり京極氏が支配した。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android