陣屋(読み)じんや

デジタル大辞泉の解説

じん‐や〔ヂン‐〕【陣屋】

軍勢が駐屯して宿営している所。陣所。陣営。
平安時代、宮中の警固にあたった兵士の詰め所。また、その兵士。陣。
江戸時代、城をもたない小大名や交代寄合屋敷。また、旗本郡代代官などの支配地における役宅や屋敷。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

陣屋【じんや】

一般には合戦時に軍兵が臨時に駐屯する営舎をいい,平安時代には宮中警護の衛士の詰所を陣屋とよんだ。江戸時代には無城の小大名や交替寄合の拝領地における居館,大藩重臣の城下町外の屋敷,用水方普請役の詰所,藩飛地領や高禄旗本の知行地の支配にあたった地方役人の役所などを陣屋とよび,幕府郡代代官の支配地における役宅である代官所も代官陣屋の別称があった。飛地領など離れた支配地に設けられた陣屋は出張陣屋とよばれている。江戸時代初期には軍事上の拠点として交通の要衝などに設置されることが多く,城に準じて周囲に土塁や堀をめぐらしたが,高い石垣は築かれない場合が多い。一般に代官陣屋では敷地内に代官の官舎である本陣,公用執務の役所,属僚の役宅,米蔵・運上蔵や白洲・牢屋などが設けられていた。陣屋を核に集落が発達し,町場化した場合には陣屋町ともよばれ,支配領域の中核都市として活況を呈する場合が多かった。
→関連項目大久保長安小名浜在郷町旗本福島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じんや【陣屋】

軍隊の陣営。陣所。
江戸時代、城をもっていない下級の大名が領地内にもっていた館やかた
代官などの役人の詰め所。
宮中の警固に当たる衛士えじの詰め所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陣屋
じんや

古代では宮中を警固(けいご)する衛士(えじ)の詰所、中世では合戦の際に軍兵の駐屯する軍営を称した。江戸時代になると、無城の大名や交替寄合(こうたいよりあい)の館舎をよぶようになり、一般には代官や旗本の支配地における役宅や屋敷、用水方の御普請(ごふしん)詰所をさすようになった。そのため軍事上よりも、民政の拠点を意味するようになった。陣屋は城に準ずるもので、土塁や堀はあるが、高い石垣はない。陣屋内には居館、役所、家臣の役宅や土蔵、調練場などが配置されている。代官陣屋は幕府の地方行政の拠点であり、代官の官舎の本陣、公用を執務する役所、米蔵、運上蔵、手付(てづき)や手代(てだい)の官舎である小屋や長屋、牢屋(ろうや)を総称する。普通は白壁の高塀、やぶ、溝または空堀で境界をつくっている。陣屋の建物は各村の負担や郡中割によって新築・修復されたが、陣屋が廃止されると、敷地とともに農民に払い下げている。[村上 直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐や ヂン‥【陣屋】

〘名〙
① 宮中を警固する衛士(えじ)の詰所。また、その人。
※能因本枕(10C終)六「北の門より女房の車ども、ちんやのゐねば入りなむやと思ひて」
② 合戦などの際、軍兵の駐屯する営舎。軍営。陣所
※吾妻鏡‐康元元年(1256)正月一〇日「可東御門陣屋之状」
③ 江戸時代、無城の諸侯および交替寄合の館舎。または代官・地頭および御普請役などの役人が詰めて、公私の用務を取り扱う所。
※禁令考‐前集・第四・巻三五・元文元年(1736)六月「御代官中、支配所住宅之陣屋・手代長屋共、普請御入用立候儀、先達而相極候」
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)一「若殿様、十禅寺は千嶋殿の御陣屋」
④ 墓地。墓所。
※謡曲・山姥(1430頃)「寒林に骨を打つ、霊鬼泣く泣く前生の業を恨み、ぢんやに花を供ずる天人、返すがへすも帰性の善を喜ぶ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の陣屋の言及

【代官】より

…幕府代官は上方代官・関東代官の呼称によって幕府領を管轄したが,1642年(寛永19)勘定頭が制度化すると勘定頭のもとに統一されることになった。初期の代官(以後,郡代を含める)は70~80名もしくはそれ以上に及び,徳川譜代,武田・今川・後北条旧臣の地方巧者(じかたこうしや)を中心に任ぜられ,支配地に陣屋を設けて周辺諸地域の民政が行われた。その主要任務は,年貢の収納を確実にしていくため小農民を自立させることや農業経営をはかることであった。…

【大名】より

…一つは無城であったが特別の恩典を受けて昇格した場合,一つはもと城郭のあった所に住んでいる場合,もう一つは幕府老中に就任するとき無城では資格がないので昇格させた場合である。 (5)無城とは城郭に住まず,領内の政治をとりかつ住居となる陣屋を持つ大名をいう。
[官位]
 大名が幕府より叙任(正式には天皇が叙任するが,江戸時代は幕府が叙任し,それを天皇に上奏して幕府の叙任をそのまま認めさせ,天皇より辞令を大名に発給する)される場合,4代将軍家綱のころから各家とも極位極官が決まってくる。…

【天領】より

…遠国奉行は老中支配で,上層の旗本が任命され,二人役(江戸と現地の交替制)で,配下に与力・同心などの地役人(じやくにん)をもち,代官は勘定奉行の支配で,下層の旗本が任命された。江戸の役宅と任地の陣屋とを往復し,配下には数人の手付(てつき)・手代(てだい)をもったが,いずれも独自の軍事力をもたないから,領内の百姓一揆によって陣屋が襲われるなど緊急の場合には近隣の藩から武力の援助を仰がねばならなかった。天領の年貢米の多くは,村から直接河川もしくは海上を舟運で江戸の御蔵(おくら)へ回送され,幕府財政の収入となり,残りは大坂・二条・駿府城などの籾蔵(もみぐら)に回送・貯蔵されて不時の凶荒に備えられた。…

※「陣屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陣屋の関連情報