コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰山 みねやま

2件 の用語解説(峰山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

峰山
みねやま

京都府北西部,丹後半島の基部にある地区。旧町名。 1889年町制。 1955年,丹波,新山 (にいやま) ,五箇 (ごか) ,吉原の4村と合体。 2004年4月,大宮町,網野町,丹後町,弥栄町,久美浜町と合併し京丹後市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

峰山
みねやま

京都府北西部、中(なか)郡にあった旧町名(峰山町(ちょう))。現在は京丹後(きょうたんご)市の南部中央を占める一地区。旧峰山町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)吉原(よしわら)、五箇(ごか)、新山(にいやま)、丹波(たんば)の4村と合併、1956年長善(ちょうぜん)村の一部を編入。2004年(平成16)大宮(おおみや)、網野(あみの)、丹後、弥栄(やさか)、久美浜(くみはま)の5町と合併、市制施行して京丹後市となる(なお、この合併により中郡は消滅)。丹後半島のほぼ中央に位置し、北流する竹野川に沿って京都丹後鉄道宮豊線、国道312号、482号が通じる。江戸時代は京極(きょうごく)氏峰山藩1万1000石の小城下町で、1720年(享保5)絹屋佐平治(きぬやさへいじ)が西陣から機織技術を伝え、藩の奨励もあって農閑期を利用した機業が発達した。丹後縮緬(ちりめん)機業地の一つで、機業に関係のある糸問屋、織物工場が多い。機業と関連して木工業や鉄工業の発達もみられ、また赤坂工業団地が造成されて精密機械や機械金属の工場も進出している。真言(しんごん)宗の縁城寺(えんじょうじ)の本尊木造千手観音(せんじゅかんのん)立像(平安時代)、正平6年(1351)の年号が刻まれた宝篋印塔(ほうきょういんとう)(室町時代)は国指定重要文化財。旧弥栄町との境にある大田南5号墳から出土した青龍(せいりゅう)3年(235)銘の方格規矩四神(ほうかくきくししん)鏡も国の重要文化財。峰山藩京極家の菩提(ぼだい)寺である常立寺には、絹屋佐平治の墓もある。[織田武雄]
『『峰山郷土史』全2冊(1964・峰山町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

峰山の関連キーワード網野丹後奥丹後半島京丹後大宮〈町〉網野〈町〉加悦〈町〉丹後〈町〉峰山〈町〉弥栄〈町〉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

峰山の関連情報