コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外様 とざま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外様
とざま

譜代の関係をもたないで主従関係を結ぶ武家。中世以来使用されている言葉で,鎌倉時代には北条氏得宗 (とくそう) 以外の御家人御内人 (みうちびと) と呼ぶのに対して,外様と呼んだ。室町幕府では家格をさすものとなり,江戸幕府でも同様に使われた。慶長5 (1600) 年の関ヶ原の戦い前後に徳川氏に臣礼をとった大名が外様もしくは表 (おもて) といわれ,三河以来徳川氏に臣属していた譜代大名と区別された。外様大名は加賀の前田,薩摩の島津,長州の毛利などの有力な大名が多く,数では譜代大名に及ばなかったが,幕末には 117家であった。譜代大名に比して石高は大きかったが,江戸からは遠距離の地に封じられることが多く,幕府には敵国視された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

と‐ざま【外様/方】

鎌倉幕府以後、将軍の一門または譜代の家臣でないこと。また、そのような武家・大名。→親藩譜代
組織の中などで、主流でなく、傍流の立場にあること。また、その人。「―では出世は難しい」

ほか‐ざま【外様/外方】

《「ほかさま」とも》ほかのほう。よそのほう。
「念じて射むとすれども、―へ行きければ」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

外様【とざま】

外様大名

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とざま【外様】

中世,主として武家において譜代関係にない家臣の呼称。鎌倉時代,幕府の実権を握った北条氏得宗家の被官が御内人(みうちびと)と呼ばれたのに対して,将軍家に直属する一般御家人は外様御家人と呼ばれた。鎌倉時代後期には御内人と外様御家人の対立が深刻となり,前者の代表である平頼綱と後者の代表である安達泰盛が衝突した事変は,1285年(弘安8)の弘安合戦として著名である。室町時代以後は大名の家格を示す呼称として用いられ,外様衆とは幕府と疎遠な関係にある大名の称号となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とざま【外様】

譜代の主従関係をもたない家臣。鎌倉幕府では、北条氏得宗家の家臣を御内人みうちびとというのに対し、それ以外の御家人をさす。室町時代以後は、大名の家格を表すのに用いられ、特に江戸時代では、関ヶ原の合戦以後徳川氏に服属した大名をさし、譜代大名と厳しく区別した。 → 親藩譜代
直系でなく、傍系であること。また、その人。 「 -にはなかなかポストが回ってこない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外様の言及

【得宗】より

…これを得宗被官または御内人(みうちびと),御内之仁という。その中でも尾藤,万年,関,金窪,南条,平,長崎などは,代官になっても在地土豪を又代官に任じて支配にあたらせ,みずからは在鎌倉の得宗に近侍して,一般御家人の外様に対し御内(みうち)と呼ばれ,一定の政治勢力になっていた。また得宗,一門の諸国守護職占取も進み,とくにモンゴル襲来を契機として西国,九州に増加し,全国の過半数を占めるにいたった。…

【藩】より

…これらの藩の多くは,領地に城を持たない大名であった。また藩は,将軍家との関係で,大きく親藩,譜代藩(譜代),外様藩(外様)に分けられ,親藩はさらに三家(尾張徳川家,紀伊徳川家,水戸徳川家),一門,連枝に分けられた。譜代藩の藩主は,徳川氏が覇権を握る以前より徳川氏の家臣であったもののうち1万石以上の領地を持つもので,多くは徳川氏によって取り立てられたものであり,老中をはじめとする幕府の要職には彼らが就いた。…

※「外様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

外様の関連キーワード春日 佳一江戸時代下手渡藩仁正寺藩多度津藩久留米藩大溝藩須坂藩高鍋藩新谷藩菰野藩佐賀藩相馬藩会津藩山形藩山家藩唐津藩日出藩伊東氏松の間

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外様の関連情報