コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分知 ぶんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分知
ぶんち

江戸時代,大名旗本領地分割相続したこと。幕府の規定では相続は原則として単独であったが (→嫡子単独相続 ) ,被相続人から願い出て幕府に許可されると分家もできた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐ち【分知】

江戸時代、大名・旗本の領地を分割相続すること。幕府の許可を要した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

分知【ぶんち】

江戸時代,大名旗本給人知行を分割・相続すること。分地とも記す。将軍または大名から所領を与えられている武家のうち500石(こく)以上ほどの家では家名を永く残すために,所領を分与し,分家を興した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんち【分知】

所領の一部を親族に分与することを指し,分地とも書く。ことに,江戸時代武士は上級領主(将軍または大名)より所領を宛行(あてが)われたが,500石位以上の所領を有する武士は家名永続のため分家を創出するのが一般的であった。その際自己の所領の一部を分与し,独立した武士として幕府や藩に仕えさせるが,この分家を分知配当による分家という。分知には2種類あり,その一つは上級領主に公認されて正式に大名,旗本,藩士に取り立てられ,所領の宛行状を交付される場合と,上級領主に公認されながらも宛行状を交付されない場合とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんち【分知】

江戸時代、大名・旗本が知行所を親族で分割相続すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分知
ぶんち

知行(ちぎょう)を分与すること。江戸時代、大名・旗本・家臣の領地(知行地、給地)は単独相続が原則で、分割相続(分知)は幕府・領主が許可した場合のみ可能であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

分知の関連キーワード鍛冶橋狩野吉田[町]穏座の初物松岡[町]交代寄合寛文印知島津久寿阿部定高浅野長友下条信隆内藤正敬内藤政晴松平定章本多政信松平定陳山内忠豊柳生三厳阿部正春本多忠英加知山藩

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分知の関連情報