コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰の小ざらし みねの こざらし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

峰の小ざらし みねの-こざらし

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者。
承応(じょうおう)-延宝(1652-81)のころ活躍。大坂の若衆方で,美少年として一代の寵児(ちょうじ)となった。ビロードの羽織など,衣装の見事さで役者に手本とされたという。名は小曝,小瀑ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例