島の宮(読み)しまのみや

精選版 日本国語大辞典 「島の宮」の意味・読み・例文・類語

しま‐の‐みや【島宮・嶋宮】

  1. 天武天皇ころ、奈良県高市郡明日香村島ノ庄にあった離宮。のち皇太子草壁皇子の宮殿奈良時代まで存続した。
    1. [初出の実例]「是の夕に、嶋宮(しまノみや)に御(おは)します」(出典日本書紀(720)天武即位前(北野本訓))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワーキングホリデー

協定締結国の国民に対し,休暇の機会と,その間の滞在費用を補う程度の就労を認める査証(ビザ)を発給する制度。二国間の協定に基づき,国際的視野をもった青少年を育成し,両国間の相互理解と友好関係を促進するこ...

ワーキングホリデーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android