島津忠兼(1)(読み)しまづ ただかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠兼(1) しまづ-ただかね

?-? 南北朝時代の武将。
越前家島津氏。播磨(はりま)(兵庫県)揖保荘(いぼのしょう)の地頭元弘(げんこう)の乱では足利尊氏の軍にくわわる。建武(けんむ)3=延元元年(1336)以降は,北朝方として播磨守護の赤松則村(のりむら)のもとで軍功をたてた。初名は忠能(ただよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android