コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田文右衛門 しまだ ぶんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田文右衛門 しまだ-ぶんえもん

1836*-1865 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年12月4日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の農民。元治(げんじ)元年(1864)天狗(てんぐ)党の筑波山挙兵にくわわる。大砲隊一部の長となり,那珂湊(なかみなと)部田野原(へたのはら)の戦いで活躍。のち武田耕雲斎にしたがって京都にむかったが,加賀金沢藩に降伏。元治2年2月16日敦賀(つるが)で処刑された。31歳。名は喜。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

島田文右衛門 (しまだぶんえもん)

生年月日:1836年12月4日
江戸時代末期の農民
1865年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

島田文右衛門の関連キーワード生年月日運動家尊攘

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android