コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峻山 しゅんざん

1件 の用語解説(峻山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

峻山 しゅんざん

?-? 江戸時代後期の僧。
真言宗。河内(かわち)(大阪府)高貴寺の飲光(おんこう)(1718-1804)の弟子となり,高野山新別所円通寺で律をうける。郷里阿波(あわ)(徳島県)の薬王寺に隠居した。博識で詩,書にすぐれた。通称は換水和尚。号は閑々子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

峻山の関連キーワード阿波閑々子瑜伽乗院亮深寛雅古義真言宗混外祥蘂信慧諦濡不染頼如

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

峻山の関連情報