コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲光 おんこう

5件 の用語解説(飲光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飲光
おんこう

[生]享保3(1718).7.28. 大坂
[没]文化1(1804).12.22. 京都
江戸時代中期の真言宗の僧。正法律の開祖。百不知童子と号し,通称慈雲尊者。 12歳で出家し,京都,奈良に遊学して,経史,詩文,密教,顕教,悉曇 (しったん) ,律,禅など広く学んだ。 30歳頃,鑑真以来日本では授戒法の一定していないのを憂えて正法律を唱えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おんこう〔オンクワウ〕【飲光】

真言宗の僧、慈雲(じうん)の諱(いみな)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飲光 おんこう

1718-1805* 江戸時代中期-後期の僧。
享保(きょうほう)3年7月28日生まれ。森川(上月)安範(やすのり)の子。真言宗。伊藤東涯(とうがい)に儒学をまなび,奈良で顕密二教をきわめた。河内(かわち)(大阪府)の長栄寺で,戒律の復興をめざし正法律(しょうぼうりつ)を創唱。晩年には雲伝(うんでん)神道をとなえた。文化元年12月22日死去。87歳。大坂出身。字(あざな)は慈雲。号は百不知童子,葛城山人。編著に「梵学津梁(ぼんがくしんりょう)」,著作に「十善法語」など。
【格言など】妄念を嫌うべからず。妄念即菩提なり(「慈雲短編法語」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おんこう【飲光】

慈雲じうんの諡おくりな

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飲光
おんこう
(1718―1804)

江戸時代の真言宗の僧。戒律の復興、サンスクリット(梵学(ぼんがく))研究で知られ、「日本の小釈迦(しょうしゃか)」と称された。号は百不知童子(ひゃくふちどうじ)、百福(ひゃくふく)道者、双竜叟(そうりゅうそう)、葛城(かつらぎ)山人。通称、慈雲尊者(じうんそんじゃ)、慈雲さん、葛城尊者などという。幼名は満次郎。父は上月安範(かみつきやすのり)、母は桑原氏。七男として大坂中之島の高松藩蔵屋敷(くらやしき)で生まれ、13歳で忍綱(にんごう)に就いて出家得度した。18歳で京都の伊藤東涯(とうがい)に儒学を、24歳のとき信州(長野県)の大梅禅師(だいまいぜんじ)に禅を学ぶ。諸国を巡って学問修行に励み、1744年(延享1)、摂津(大阪府)高井田長栄寺で正法律(しょうぼうりつ)を創唱して、釈尊(しゃくそん)に帰れをモットーとした。41歳のとき生駒(いこま)山中に双竜庵(あん)を結び、10年をかけて『梵学津梁(しんりょう)』1000巻の大著を完成。また京都阿弥陀(あみだ)寺で十善戒(じゅうぜんかい)を説き、河内(かわち)(大阪府)高貴寺を正法律の根本道場とした。文化(ぶんか)元年、阿弥陀寺において87歳で示寂。著書は、ほかに『十善法語』『方服図儀』などがある。また、神道の研究で知られ、雲伝(うんでん)神道を唱えた。[宮坂宥勝]
『長谷宝秀編『慈雲尊者全集』19巻・補遺1巻(復刻版・1974・思文閣出版) ▽宮坂宥勝校注『仮名法語集』(1964・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飲光の言及

【慈雲】より

…江戸後期の真言宗の僧。諱(いみな)は飲光(おんこう),百不知童子,葛城山人などと号し,世人から慈雲尊者と敬われる。俗姓上月氏。…

※「飲光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飲光の関連キーワード羅城安達新兵衛狩野永翁空二交寛美三鍼島篆癖樗雲辻丹甫花江戸住

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone