コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崑山集 こんざんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

こんざんしゅう【崑山集】

俳諧撰集。鶏冠井かえでい)令徳編。1651年(慶安4)刊。松永貞徳加点の発句秀作を,師の意志を受けて,四季に分類編集,回文(かいぶん)の句を付録して刊行した14巻にも及ぶ大部の撰集。《犬筑波(いぬつくば)集》《竹馬狂吟集》などの古句も取り入れ,句数は8000に近い。それだけに杜撰(ずさん)さが目立ち,松江重頼から《馬鹿集》(1656)による攻撃を受けたため,増補訂正版《崑山土塵(どじん)集》(1656)を刊行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

崑山集の関連キーワード鶏冠井令徳出替はる中川喜雲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android