コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崑山集 こんざんしゅう

1件 の用語解説(崑山集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こんざんしゅう【崑山集】

俳諧撰集。鶏冠井(かえでい)令徳編。1651年(慶安4)刊。松永貞徳加点の発句の秀作を,師の意志を受けて,四季に分類編集,回文(かいぶん)の句を付録して刊行した14巻にも及ぶ大部の撰集。《犬筑波(いぬつくば)集》《竹馬狂吟集》などの古句も取り入れ,句数は8000に近い。それだけに杜撰(ずさん)さが目立ち,松江重頼から《馬鹿集》(1656)による攻撃を受けたため,増補訂正版《崑山土塵(どじん)集》(1656)を刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

崑山集の関連キーワード鶏冠井令徳湯川道儀喜多村立似七俳仙令徳奥西友三鶏冠井令富服部常春友我令富

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone