崑山集(読み)こんざんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

こんざんしゅう【崑山集】

俳諧撰集。鶏冠井かえでい)令徳編。1651年(慶安4)刊。松永貞徳加点の発句秀作を,師の意志を受けて,四季に分類編集,回文(かいぶん)の句を付録して刊行した14巻にも及ぶ大部の撰集。《犬筑波(いぬつくば)集》《竹馬狂吟集》などの古句も取り入れ,句数は8000に近い。それだけに杜撰(ずさん)さが目立ち,松江重頼から《馬鹿集》(1656)による攻撃を受けたため,増補訂正版《崑山土塵(どじん)集》(1656)を刊行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android