コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回文 かいぶん

5件 の用語解説(回文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回文
かいぶん

「廻文 (かいもん)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かい‐ぶん〔クワイ‐〕【回文/×廻文】

複数の人に順に回して知らせるようにした手紙や通知。回状。まわしぶみ。かいもん。
和歌・俳諧などで、上から読んでも下から逆に読んでも同じ音になるように作ってある文句。「たけやぶやけた」の類。かいもん。

かい‐もん〔クワイ‐〕【回文/×廻文】

かいぶん(回文)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かいぶん【回文】

前からも後からも同じに読める文。英語ではパリンドロームpalindromeという。〈良き月夜〉〈夏まで待つな〉〈仇(かたき)が来たか〉〈確かに貸した〉〈わたし負けましたわ〉〈千葉の竹やぶ焼けたの罰(ばち)〉といった庶民的なものから,〈ながめしは野の花々のはじめかな〉のような俳句,江戸時代によく知られていた〈長き夜のとをの眠りのみな目ざめ波のり舟の音のよきかな〉という良い初夢を祈る和歌まで,言霊のさきわう日本には無数の例がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回文
かいぶん

上から読んでも下から読んでも同字・同文になる詞句。「かいもん」ともいい、ヨーロッパではパリンドロームpalindromeという。「竹やぶ焼けた」、“Madam, I'm Adam”のように、言語表現のきわめて特殊なもので、言語遊戯的な要素が強い。
 漢詩では、中国梁(りょう)の簡文帝の「塩飛乱蝶舞 花落飄粉奩 奩粉飄落花 舞蝶乱飛塩」のように全体を倒置するものや、唐の蘇東坡(そとうば)の「落花閑院春衫薄 薄衫春院閑花落 遅日恨依依 依依恨日遅……」のように一句ごとに倒置するもののほか、『本朝文粋(もんずい)』には「多煮茶名 飲来如何 和調体内 散悶除痾」(都良香(みやこのよしか))のように、逆から読むと、また韻を踏み、まったく別の一詩となる例を載せる。
 和歌では、『奥義抄(おうぎしょう)』(藤原清輔(きよすけ)著、1140ころ成立)などに載る「むら草に草の名はもしそなはらばなぞしも花の咲くに咲くらむ」が古く、江戸時代に縁起物の宝船の絵に添えられた「長きよのとをのねぶりの皆めざめ波乗り舟の音のよきかな」は、もっともよく知られた例といってよいだろう。和歌では、上句と下句で文字数が異なるため技巧的に無理があり、遊戯的な特徴が強くなるので、狂歌に作例が多く、『吾吟我(ごぎんわが)集』(石田未得(みとく)著、1650ころ成立)に15首載るほか、『百(もも)よくるま』(三友亭著、1808刊)などの回文歌集もある。
 連歌や俳諧(はいかい)では、字数が整っていて比較的容易につくれるためか、早く『毛吹草(けふきぐさ)』(松江重頼(しげより)著、1645刊)などの作法書が取り上げて作例も多く、『廻文(かいぶん)俳諧百韻』(石田未得著、1644成立)、『水車(みずぐるま)集』(中島随流著、1661刊)ほか回文だけの句集も数多くできている。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の回文の言及

【言語遊戯】より

…西洋では,〈言葉の魔方陣〉,〈四角連語〉と呼ばれるもの(図3は上下左右いずれからも有意味に読める)や,散乱したアルファベットの中から上下左右斜めに単語を探し出す〈ワード・サーチ・パズルword search puzzle〉がこれに近い。(4)回文 前からも後ろからも同じに読める句や文。英語ではパリンドロームpalindromeという。…

【宝船】より

…江戸時代には,正月1日もしくは2日の夜に,枕の下に敷いて寝ると吉夢を見ることができると信じられ,お宝売と称して,〈お宝,お宝〉と叫びながらこれを売り歩く者があった。米俵,千両箱,扇子,松竹梅といっためでたい図柄が描かれ,〈なかきよのとおのねふりのみなめさめ なみのりふねのおとのよきかな〉という回文(かいぷん)(下から読んでも同じ文句)の歌が記されたものもある。喜田川守貞の《守貞漫稿》によれば,節分の夜に行われたものが,後に正月2日になったものだとされている。…

※「回文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

回文の関連キーワード後から後から唐桃根から平唐門プラモ読めるカラモイクチストラモジてんからもんたからもの とんだ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回文の関連情報