古句(読み)コク

大辞林 第三版の解説

こく【古句】

古人の作った詩文の一節、または俳句。

ふるく【古句】

古い詩句。こく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐く【古句】

〘名〙 古人の詩文の一節。また、古い俳諧の句や昔からのことわざ・格言など。
※中華若木詩抄(1520頃)中「古句に海棠は若の貴妃と云そ」 〔章碣‐贈婺州蘇員外詩〕

ふる‐く【古句】

〘名〙 昔の人が一度よんだことのある句。また、昔から言われている文句。昔からのことわざや格言。こく
※宗祇初心抄(1473頃)「たくみたる発句はふるく案じたる心ばへ見え候て其興なく候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android