嵐七五郎(初代)(読み)あらし しちごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐七五郎(初代) あらし-しちごろう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
初代嵐三五郎の門人。京都,大坂で実悪として名をたかめ,宝暦元年(1751)江戸へでて好評を博した。藤川平九郎とともに実悪の双璧(そうへき)といわれた。俳名は北飛,舎丸。屋号は京屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android