嵐七五郎(3代)(読み)あらし しちごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐七五郎(3代) あらし-しちごろう

1761-1798 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
宝暦11年生まれ。2代嵐七五郎の門にはいり,寛政9年3代目を襲名。江戸で活躍し,実悪,老役(ふけやく)を得意とした。寛政10年11月5日死去。38歳。前名は嵐竜蔵(2代)。俳名は舎丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android