コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵯峨大念仏狂言

1件 の用語解説(嵯峨大念仏狂言の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

嵯峨大念仏狂言

京都府京都市の清凉寺(別名:嵯峨釈迦堂)の法会の際披露される民俗芸能鎌倉時代に円覚上人が仏法を説くため広めたとされる。同寺の狂言堂で演じられる無言劇で、能風の演目、狂言風の演目などがある。1986年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嵯峨大念仏狂言の関連キーワード釈迦堂清涼寺霊宝館嵯峨釈迦堂清凉寺京都府京都市左京区一乗寺釈迦堂町京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂大門町京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前裏柳町京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前瀬戸川町京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嵯峨大念仏狂言の関連情報