コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清凉寺 しょうりょうじ

百科事典マイペディアの解説

清凉寺【しょうりょうじ】

清凉寺(せいりょうじ)

清凉寺【せいりょうじ】

京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町にある浄土宗の寺。〈しょうりょうじ〉とも。通称嵯峨釈迦堂。平安初期,左大臣源融(とおる)の山荘棲霞(せいか)観を寺とし棲霞寺と称した。
→関連項目釈迦堂棲霞寺清凉寺式釈迦宝物集

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいりょうじ【清凉寺】

京都市右京区にある浄土宗の寺。山号は五台山,通称は嵯峨釈迦堂。〈しょうりょうじ〉とも読む。もとは嵯峨天皇の皇子,源融(みなもとのとおる)の山荘〈棲霞観(せいかかん)〉のあった所。融の死後,寺に改められて棲霞寺と号した。東大寺の僧奝然(ちようねん)が入宋し,985年(雍熙2)台州で優塡王(うでんのう)造の栴檀(せんだん)釈迦如来立像を模刻させて持ち帰り,1016年(長和5)奝然の死後,弟子盛算が棲霞寺内の釈迦堂におさめ,清凉寺と号した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清凉寺
せいりょうじ

京都市右京区嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)藤ノ木町にある浄土宗の寺。五台山と号する。通称を嵯峨の釈迦堂という。本尊は釈迦如来(にょらい)。もとは棲霞(せいか)寺境内の一隅に建てられた釈迦堂であった。棲霞寺は嵯峨天皇の第12皇子、左大臣源融(とおる)(822―895)の山荘、棲霞館に建てられた阿弥陀(あみだ)堂を創始とする。融は熱心な阿弥陀信仰者で、阿弥陀像の造立を発願したが果たしえずに没したため、遺族が志を継ぎ、阿弥陀三尊像を完成し、融の一周忌、896年(寛平8)に阿弥陀堂を建立して安置し、法会を行い、棲霞寺が誕生した。一方、(ちょうねん)は983年(永観1)五台山巡礼のため中国に渡り、986年(寛和2)優填王(うてんおう)所造栴檀釈迦像(せんだんしゃかぞう)の模刻、十六羅漢(らかん)像、宋(そう)版大蔵経を持って帰朝した。翌年将来した釈迦像を本尊として、愛宕(あたご)山に五台山清凉寺の建立を出願、990年(正暦1)に戒壇の併設を出願した。しかし叡山(えいざん)の反対により許可にならず、東大寺別当に任じられて京都を離れ、1016年(長和5)志を果たさず没した。弟子盛算は愛宕山麓(さんろく)の棲霞寺内に清凉寺を建立し、師の遺志を実現した。現在の釈迦堂は1703年(元禄16)完成のもの。もと真言(しんごん)宗大覚寺派に属していたが、室町時代には融通(ゆうずう)念仏の大道場となり、このころから浄土宗に固まったとみられる。現在、棲霞寺は境内の阿弥陀堂に名を残すのみである。
 然将来の木造釈迦如来立像(国宝)は「生身の釈迦」といわれ、全国に数十躯(く)の模刻があり、その信仰の大きさを物語っている。そのほか絹本着色十六羅漢像(国宝)、木造十大弟子像、紙本着色融通念仏縁起、紙本着色釈迦堂縁起など多くの国重要文化財がある。大念仏狂言(4月中旬の土・日曜日)、お松明(たいまつ)式(3月15日)の行事は名高い。[清水 乞]
『佐々木剛三著『清凉寺』(1965・中央公論美術出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の清凉寺の言及

【御身拭】より

…仏像や祖師像に付着した塵埃をぬぐい清めること,またその法要をいう。京都市嵯峨の清凉寺(釈迦堂)のそれが歴史的にも名高い。毎年4月19日(もと3月)に,香水(こうずい)に浸した白木綿で本尊の釈迦像をぬぐい,これを信者にあたえる。…

※「清凉寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清凉寺の関連キーワード彦根藩主井伊家墓所嵯峨大念仏狂言玄海(1)粟田口隆光清凉寺縁起頼玄(1)千本閻魔堂土佐行秀住友友以藤原孝範仏洲仙英石川素堂塚本善隆頑極官慶寂室堅光藤原光国仏乗慈僊天童如浄藤原行秀土佐派

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清凉寺の関連情報