コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶋谷自然 しまや しぜん

美術人名辞典の解説

嶋谷自然

日本画家。三重県生。名は藤四郎。初め中村左洲に学び、上京して矢沢弦月に入門。弦月の紹介で西山翠嶂に師事し、画塾青甲社に入った。風景画新機軸を打ち出し日展で活躍、特選・白寿賞・朝倉賞、また文部大臣賞を受賞した。日展参与・名古屋芸術大学教授。平成5年(1993)歿、89才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶋谷自然 しまや-しぜん

1904-1993 昭和-平成時代の日本画家。
明治37年3月19日生まれ。矢沢弦月にまなび,昭和4年帝展で「網小屋」が初入選。15年西山翠嶂(すいしょう)に入門。日展で25年「緑影」,26年「丘」が連続特選,54年「湖心」が文部大臣賞。日展審査員。45年名古屋芸大教授。平成5年8月13日死去。89歳。三重県出身。本名は藤四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android